スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

独自ドメインとりました

こちらが引越し先です>www.onpa.tv

リンクのシリウス文明のほうもご覧ください。


スポンサーサイト

リデルハートとの出会い

はじめにお読みください、で紹介しています撤退戦の本ですが読んでいただいた方がいらっしゃるようでなによりです。
あの本についてですが山本五十六を必要以上に賞賛したりと賛同できない部分も多いのですが、情報戦&撤退戦という概念や米軍の人材&士官プールシステムについて考えるきっかけを与えてくれている点についてはよいかと思います。

私が昔、リデルハートやランチェスターの法則等について知るきっかけとなった古いサイトをご紹介します。
ドメインからもわかるとおりダイアルアップ接続時代からのサイトですがリンクの戦車戦・戦史研究&戦車戦含めて内容は一読の価値あり。
弾道計算やランチェスターの法則等の各種計算スクリプトとそれを用いたシュミレーションなど理系ライクなコンテンツです。

硫黄島(N2戦闘指数計算例)は、、、泣けますいやマジで。
パンデミックのバーチャル予行演習に応用できますいろんな意味で(トーチカ構築による水際作戦とか弱いところをまず叩き強いところは兵糧攻めとか、、)。
こうしてみると槍や銃が情報という武器に置き変わっただけで戦の基本理論は古今変わっていないのかもしれません。

戦史研究

※あくまでifですが、硫黄島の戦闘においてもし日本軍がもっと持ちこたえ米軍の損害がさらに甚大になったならば、ベトナム戦争時のように損害を嫌う米国内の世論が動き早期講和のきっかけになったのかもしれません。
同じことを繰り返さないように、、硫黄島に眠る英霊達に敬礼。

テーマ : 軍事・平和
ジャンル : 政治・経済

きたか!白金触媒の代替品

【素材】東京理科大、マンガン・チタン酸化物をナノシート化し白金代替に
◆SWAKITIxxM @すわきちφ ★:2009/02/18(水) 21:21:51 ID:??? ?2BP(53)

東京理科大学の桑野潤准教授、齋藤守弘助教らの研究室は、マンガンやチタンの酸化物
イオン交換などでナノシート状に剥離(はくり)し、化学的に再凝集すると酸化還元の特性が
高まることを見いだした。燃料電池で使うポリマー電解質と触れても特性が安定するため、
白金の代替材料として期待できる。詳細は18日から開かれる「ナノテク2009」で発表する。
 ナノシートは層状の化合物を化学的な処理で結晶構造の基本最小単位の層1枚にした物質。
厚さは約1ナノメートル(ナノは10億分の1)で、幅は数マイクロメートル(マイクロは100万分の1)単位。
さまざまな特性を持つと見られ研究が進んでいる。
 桑野准教授らは酸化物ナノシートの特性に着目。チタン酸ナノシートが剥離した溶液をつくり出し、
ヒドロニウムイオンを混ぜて再凝集した物質の酸化還元触媒としての特性を調べた。

日刊工業新聞
http://www.nikkan.co.jp/news/nkx0620090218eaac.html
東京理科大サイト
http://www.tus.ac.jp/news/news.php?20090218111018

2チャンネル 科学ニュース板のスレッド、投稿より
----引用ここまで

安価な金属を使ったレアメタル(触媒)の代替品の発明の話題でした。
白金、ロジウムなど産出地、産出量が限られるレアメタルな触媒がネックで、新エネルギーへの移行への主導権を握られるという意味で難があるかなと思っていました。
技術があってもそれら戦略物資を押さえられると難しいなどと頭を堅く考えている限りだめだな(自分のことですが)と思いました。
代替触媒とハイドライド系技術や次点の燃料電池技術を組み合わせればあれですね。

エネルギー問題ふくめ何でもそうですが常に二の手三の手を考えて、柔軟迅速に対応できる体制が必要です。

日本と日本の若者達に未来あれ、東京理科大研究メンバーGJ。

テーマ : 環境・資源・エネルギー
ジャンル : 政治・経済

プロフィール

Nakahara

Author:Nakahara
www.onpa.tvのミラーブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。