スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大増税報道に隠された国難、売国法案は阻止しよう

2010年7月の選挙、本当の焦点は何でしょうか。
もし、民主党ならびに民主党の売国政策に賛同する者達が当選し、議席の過半数を取った場合向こう3年間はよほどのことがなければ満期まで選挙はないでしょう。
つまり、その間好き放題に売国政策を可決されてしまい、日本がボロボロになってしまう可能性があることを意味します。

現在、選挙後の消費税大増税がマスコミではクローズアップされています。
現行の5%から10%へ、そして段階的にその比率は上げられることでしょう
今期の税収約40兆円に対し歳出が約90兆円前後、消費税率をあげたくらいでは焼け石に水なのは明らかです。
しかしさすが民主党支持者でも消費税アップに抵抗感を示す人は多いと思われ、小手先のゴマカシでほんの一部の生活必需品については税率据え置きにしますといった宣伝でなだめにかかるのではないかと思います。

では大増税という覆いの下に隠された日本の未来に関わる重要な案件とは何でしょうか。

民主党議員の多くが政策として掲げる
ずばり外国人地方参政権の付与そして大量移民受け入れ案です。
外国人参政権案が可決した場合、特定の地方都市に外国人が大量移住しコロニーを作る可能性があります。
そして多数決の民主主義原理で乗っ取り、日本国内に事実上の自治区が誕生します。※1
その橋頭堡を築かせてしまったら母国の潤沢な工作資金を使い中央政界にも当然進出してくることでしょう。
移民反対運動が今更発生しても、移民の母国が移民の安全を確保する為といって干渉してきたらどうしますか。
数が集まった時移民が日本国の法律を遵守し、税金もちゃんと日本に納めるという保障はありますか?。

さらに日本の新卒者は就職先が見つからず、低取得層は仕事がないと困っているのに外国人労働者を大量受け入れする必要はあるのでしょか。
安い労働力だけではなく、外国人の知識層には博士号を持ち数ヶ国語を自由に操るレベルの人材が母国内では就職競争率が高すぎ溢れてゴロゴロ居る状態です。
それを考えますと日本で高学歴やキャリアを自認している皆様、本当にあなた達は安泰ですか。

マスコミの毒電波に侵された年配の人達にはこういって訴えてください。
日本の未来、若い世代、そしてあなたの孫の世代に関わる重要な事がこの夏の選挙で決まるんです、だからこそ外国人地方参政権と大量移民受け入れ案など売国政策に賛同する政党と輩には投票しないでください」と。
詳しくはネットで政党ならびに立候補者の掲げる政策を確認すればわかります。

今回夏の選挙、本当に私達日本の未来がかかっています。
この現実をどうか一人でも多くの人に伝えてください。

※1,中国の漢民族によるチベット自治区やウイグル自治区の現実の扱いを見ればよくわかることですが、現住民族を強制退去させ漢民族を大量移民させるという方法が茶飯事です。
外国で外国人参政権を導入した国はありますが、かなり厳しい条件付です。
さんざん既出ですが、外国で外国人参政権導入・移民受け入れは失敗の実例だらけなのになぜ導入しようとするのか、導入した場合誰が特をし誰が害を受けるのか考えてみるべきです。
もはや本当に対岸の火事ではありません。

※国境や人種なんて気にせず、奪われることも奪うことも気にせず暮らせる世界は理想ですが現在の人類全体としては残念ながら時期尚早です。

参考:参議院選挙の争点
スポンサーサイト

テーマ : 外国人参政権問題
ジャンル : 政治・経済

プロフィール

Nakahara

Author:Nakahara
www.onpa.tvのミラーブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。