スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電気を使わない家電製品

電気を使わない家電製品が日本ですでに発明されていた!
電気を使わない家電製品が発明されていた

新春特集で明るめの記事でスタートしようと思います。
冷蔵庫、洗濯機、掃除機、どれも大きな電力を消費する文明必需品な家電商品です。

しかし、発展途上国などでは家電製品を使いたくても電気料金が払えない、もしくは電気すら開通していないといった場所があります。
そういった事情の場所であれば上記の電気を使わない家電があるならば神でしょう。
いいえ、先進国の日本でも需要がないはずがありません。

では具体的にその電気を使わない家電とはいったいどういったものなのか?。
上記のリンクのページを要約すると、冷蔵庫の場合ですが、放射冷却現象と魔法瓶のような保温効果を使った商品のようです。

保冷温度は約10度。
10度であれば倉庫会社のチルド室並みの温度ですから野菜などであれば十分です。

しかし、日本の場合利権団体関係の皆様が消費者に偽装して嫌がらせや妨害をしてきそうです。
さらに、実際10度という温度は十分なのですが、従来製品の利便性に慣れている人からするとクレームの対象なのだそうです。
まったくアホちゃん達は困ったものです。

日本で本気で普及させるには電気をまったく使わないモードとハイブリッドの省電力で使えて利便性をあげるモード付加、といった工夫が必要なのかもしれません。
サポートはユーザー有志が自発的に無償コミュニティを立ち上げて、ネットで相互間でフォローしあうGPLライセンスの無償ソフトウェアのサポートみたいな形がベストでしょう。
そのサポート体制であればソフトウェア界ですでに確立され実績もありますから最適でしょう。
(世界的な流れですね)

しかしこの技術、大型倉庫保冷の省電力などにも活用できるのではないでしょうか。
倉庫の保冷用電気料金を節約できるならば食料自給率の低い日本の欠点である倉庫保管の経費を節約できるわけです
(食料自給率を上げるだけではなく保管の経費も考えないとならないのですよ)

「藤村氏は電気を使わない冷蔵庫の技術を現地の環境NGO(非政府組織)に試作品を渡し、実用化の努力をしてもらえるならば、発明の権利は無償で譲るつもり
だそうです。
何より日本のNGO団体がこの技術を獲得、昇華させていってほしいものです。

電気をまったく使わない家電がすでに開発、発明されている。
こういった事実を私達はほとんど知りません。
こういった発明があってもそれを必要としている多くの人達にふさわしい形(低価格など)で使っていただくには多くの障壁(サポートや特許など)があるのが事実です。

ですが、私達の工夫と協力、小さいことからでも世界を変えれるんだという意思があれば、それは成るでしょう。
スポンサーサイト

テーマ : 環境・資源・エネルギー
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Nakahara

Author:Nakahara
www.onpa.tvのミラーブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。